NOT DIARY

 

■ 2003/04/28(月)01:54  トイレでなごむ。
DSC20019.JPG 320×240 15K
 今はほとんど読まないが、かつて僕はかなりのマンガ少年だった。漫画家があこがれの職業だったこともある。単行本も何百冊か持っていた。数回の引っ越しでほとんど処分してしまったが、捨てられずに何十冊かがまだ本棚に残っている。
 その中でもっとも愛着を持っているのが「スポーツマン金太郎」と「暗闇五段」。
 どちらも寺田ヒロオが昭和30年代に少年サンデーに連載した作品だ。寺田ヒロオは、あのトキワ荘出身の漫画家で、一時はいくつもの連載を抱える売れっ子だったが、後輩の石森章太郎や赤塚不二夫、藤子不二雄らがヒット作を連発するようになる頃、筆を折ってしまう。ほのぼのとした地味な作風の彼にとって、居心地の悪い時代になってしまったのかも知れない。
 それにしても「スポーツマン金太郎」の"ほのぼの度"は、すごい。何しろ赤ちゃんみたいな金太郎が巨人に入団するんだから。すごい強打者で王や長島もびっくり。川上監督も金ちゃんの大活躍にいつもにこにこ顔。普段はお尻まるだしの腹掛け姿。投手をやるときは捕手は熊(!)。桃太郎もキジやサルを連れて南海に入団(後に巨人へ移籍)。今あらためて読むと、かわいくてたまりません。
「暗闇五段」は、兄弟子の陰謀で崖から落ち、視力と記憶を失った柔道家が主人公。ちょっとサスペンスっぽい作りではあるが、「勇気」「正義」「愛」がやはりほのぼのとしたタッチで描かれている。作者の良心が伝わってきます。
 この2作品、最近は我が家のトイレに置いてある。なごみます。

■ 2003/04/07(月)02:52  夜桜中継<その1>
DSC20018.JPG 320×240 15K
 うちのすぐ裏の野川で夜桜がライトアップされた。
 近所のとある会社がまったくの善意で行っている(らしい)この春の宴、満開の一夜だけのお楽しみなのだが、去年より規模が大きくなっている気がする。前日の雨で散ってしまうかと思っていただけに、この美しさに浸れた喜びは一層だった。
 しかし、見事だなぁ。宝石や雪の結晶を夜空にばらまいたかのような華やかさ。気品もあるし実に色っぽい。散り際も潔い。こんな人間になりたい。・・・無理か。
 ここのところ闇夜に爆弾が炸裂する映像ばかり見ているので、この美しさにもちょっと複雑な思いですが。
 写真、1枚にしぼれないなぁ。たくさん載せちゃおうっと。下の2枚も見てね。

■ 2003/04/07(月)02:51  夜桜中継<その2>
DSC20017.JPG 320×240 15K

■ 2003/04/07(月)02:50  夜桜中継<その3>
DSC20015.JPG 320×240 15K

■ 2003/04/01(火)03:43  日活撮影所にて。
DSC20014.JPG 320×240 15K
 今日は「呪怨2」のダビング作業を覗いてきた。場所は調布・日活撮影所内のスタジオ。うちから徒歩30分の距離だが、天気がよかったので散歩がてら歩いて行った。
 映画のダビングというのは、音楽や効果音やセリフなど、あらゆる音の要素を映像に合わせながら、タイミングやバランスを整えてフィルムに収めて行く行程のこと。
 この段階では最早僕の出番はないのだが、曲を作っているときは効果音などがついていないビデオを見ているので、ここにきて大画面と大音量で「ははぁ、このシーンはこうなるのか」と分かって面白い。
 いわば映画の最終的な仕上げ作業だけに、すったもんだが付き物のようで、今日も張り詰めた空気の中でいろいろなやりとりが飛び交ってました。これで最終決定となるとスタッフもテンションが上がってきますね。
 ということで、何かと慌ただしい清水崇監督をつかまえてパチリ。「呪怨」のリメイク版がハリウッドで製作されることが決まったのだが、なんとその監督も彼がやるのです。今秋クランク・インとか。うう〜、すごい。大急ぎで英会話習得して下さいね〜。

過去ログ 2002年10月 11月 12月 
2003年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年02月 03月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月